熱伝導率測定技術セミナー

♦CFRPやCFRTPなど高機能プラスチックの研究開発者は必見です!!
 電子機器や材料の製造・開発現場では、”熱に起因するトラブル”が常につきまといます。それらの問題を解決に導く為には、部品や材料の”熱物性”の把握が欠かせません。部品や材料の”熱物性”を正確に把握することで、”熱に起因するトラブル”を未然に防ぎ、製品の更なる可能性を拡げます。

  • このセミナーの受付は終了しました。
熱問題解決のためには、「熱伝導率」の正確な把握が非常に重要です!

本セミナーの目的
 ①「熱伝導率測定」の基礎を学習し、
 ②実際にどのような方法で「熱伝導率測定」が行われているのかを知り、
 ③さまざまな測定事例を見ることで「熱伝導率測定」のイメージを掴み、今後に役立てます。

<講座プログラム>
第1部 背景 ~「熱問題」が重要~
 1.熱移動の三態 (伝導・対流・放射)
 2.熱問題の解決方法
 3.熱設計のむずかしさ

第2部 温度測定 ~熱伝導率測定の基礎~
 1.熱電対を使った温度測定
 2.赤外カメラを使った温度測定

第3部 熱伝導率測定
 1.熱伝導率とは何か?
  ①こんな材料が増えている!
  ②熱物性値 (熱伝導率・熱拡散率・熱浸透率)の関係式
 
 2.熱伝導率の各種測定方法
  ①「定常法」と「非定常法」の特徴
  ②周期加熱法と熱拡散長
  ③測定方法を分類する
  ④各種の測定方法 (定常法、準定常法、フラッシュ法、スキャニングレーザAC法、周期加熱放射測温法、ホットディスク法、熱線法、熱抵抗測定法、サーモリフレクタンス法、ほか)
  ⑤各種測定装置の守備範囲の目安
  ⑥参照資料

 3.シート状材料や異方性材料の測定
  ①シート状材料や異方性材料に適した測定方法
  ②異方性測定が重要な理由
  ③測定事例 (放熱シート、ポリイミドシート、CFRP、CNT入りゴムシート、グラファイトシート、ワイヤー・繊維状試料、セルロース、ポリ乳酸延伸フィル、ナノセルロース、高熱伝導性樹脂)

 4.測定方法によって測定結果が変わる?!
  ①考えられる4つの原因
  ②フラッシュ法と周期加熱放射測温法の比較

 5.薄膜・微小領域の測定
  ①薄膜・微小領域に適した測定方法
  ②測定事例 (アルミナフィラー、AINセラミックス、半導体デバイス内の分布、SiCセラミックス)
  ③薄膜測定の解析方法

 6.その他の測定方法
  ①測定事例 (異方性観察、プリント配線板の熱伝導観察、断線観察、LED発熱観察、他)

第4部 シミュレーションの実際
 1.熱設計のむずかしさ
 2.熱設計の流れと実例

第5部 質疑・応答

講座終了 ~講座終了後、20-30分ほど時間に余裕があります。
      講師との名刺交換や受講者同士の交流にご利用ください。
  • このセミナーの受付は終了しました。

セミナー詳細

主催者情報 株式会社ベテル
講師名 羽鳥 仁人
参加費用 28,800 円 (税込)
定員 20 名
カテゴリー スキルアップセミナー
参加対象 「熱伝導率測定」の基礎知識を習得したい方、「熱の問題」でお悩みの方。「熱物性測定」に関わるお仕事をされている方。「熱伝導率測定」にご興味のある方。
参加条件
申込期限 2017年1月18日
日時
    開場時間 10:15
    会場 アクロス福岡
    会場住所 福岡県福岡市中央区天神1-1-1
    備考 ♦参加費用
    <一般> 28,800円
    <学生・リピーター> 16,000円
    ※リピーター価格は、過去に当社主催セミナーを受講された方が対象になります。
    (展示会セミナーや外部セミナーは含みません。)
    ※価格は税込です。
    キャンセルポリシー
    • このセミナーの受付は終了しました。

    同じカテゴリーのセミナースキルアップセミナー 一覧

    近日開催予定のセミナー