どうなる東芝?!現状を客観的に整理するとほぼ勝負ありなワケ

 業績不振で揺れる東芝の救済策が連日のように報道されています。しかし、原発ビジネスの肝・ウェスティングハウスが法的整理に向かうことが報道され、状況は非常に厳しいところまで進んでいます。有力視されている産業革新機構による支援にも疑問符が付いており、客観的に見て東芝にはビジネスを継続しようにも何も残らない状況となる可能性が高まっています。

東芝原発ビジネスの肝・ウェスティングハウスが法的整理へ


 先週の朝日新聞で、東芝の2016年4~12月期決算の発表が、また遅れる可能性があるとが報道されました。

 上場廃止にはならず特設注意市場銘柄のまま、法的整理もされる気配なくここまで来た東芝の経営ですが、原発ビジネスの中心の1つである、ウエスティングハウスがチャプター11、いわゆる法的整理に向かうことがわかったのが大きな要因です。

 東芝はウエスティングハウスの扱いについて連結を除外し、これに応じるかのように債権者は東芝の格付けを下げる形で、一気に動きが出ています。

 同時にウルトラCとして、東芝を救済するために産業革新機構が動くのか、という点についても注目が集まっております。

 そこで本稿は、産業革新機構が東芝を救済する可能性を含め、東芝の状況を客観的に整理してみたいと思います。

産業革新機構は果たして東芝を救済できるか?


 産業革新機構とは2009年に官民協同で、先端技術や特許の事業化を支援すること等を目的として設立された投資ファンドです。

 産業革新機構の出資比率を見ると、全体の出資額約3,000億に対して、内訳は政府から2,800億円強、民間はわずか240億円規模しか出資を行っておりません。

 つまり、産業革新機構が出資を行う場合、税金で90%以上が賄われることになります。

 言葉を変えれば、産業革新機構の出資が失敗した場合、その担保となるのは国民の税金です。

 そのような意味で、産業革新機構はもともと企業救済機構としての要素が少なく、それは同機構のHPでも明記されています。

 産業革新機構が投資する際に重視するポイントは、以下の2点です。
  • 1)オープンイノベーション(企業内部と外部のアイデアを有機的に結合させ、価値を創造すること)であること
  • 2)原則的に小規模から大規模(数百億円程度)までの案件であること
 これを前提に投資先リストをみていくと、たしかに上記2点に該当するような投資が多いことが分かります。

 ただし、例外として目を引くのが、ジャパンディスプレイとルネサスです。

 両社とも業績不振企業でしたし、両者への出資は1,000億円を超える規模で行われました。

 この2社がそもそも「革新」「オープンイノベーション」目的なのか、そして、なぜ1,000億円を超える当初の出資想定額を大幅に超えて出資がされたのが分かりませんので、はっきりとした答えは出せません。

 このうち、ジャパンディスプレイについては、2,000億円、750億円条件の2回の資金提供をしています。

 2012年の投資時にはジャパンディスプレイは売上5,000億円程度、総資産が6,000億円程度の会社でした。

 対して、東芝は売上、総資産ともに5−6兆円で推移している企業で、ジャパンディスプレイの10倍くらいのサイズです。

 救済するとしても、兆単位の資金が必要でしょうから、そもそも産業革新機構で救済できるレベルのサイズでないというべきでしょう。

 上限数百億円で、2,000億円までは特例、など言い訳は出来るかもしれませんが、兆の単位になるとそれも難しいと考えるのが自然だと思います。

 実際に産業革新機構の投資能力は最大でも2兆円程度までと見積もられており、国が救済するのであれば、産業革新機構ではなく別のルートを使うことを考えざるを得ないのではないでしょうか。

 ただし、現実的には産業革新機構以上に有力な資金調達先は無いのが現実です。

自力の再生をしようにも何も残っていない…


 それでは、東芝が自力で企業として再生できるのか?という点についても考えてみましょう。

 東芝はこれまで、メディカル、半導体事業など稼げるビジネスを切り売りし、なんとか原発を含む重電ビジネスを継続しようとする動きを取ってきました。

 それに対して、今回のウエスティングハウスが法的措置を取らざるを得ないことで、負債総額は従来の7,000億規模から1兆円規模に膨らむと予想されています。

 しかも、ウェスティングハウスを事実上の切り離しをせざるを得ないとなると、東芝には本当に何も残りません。

 この路線でいえば、法的整理、当然上場廃止の可能性もあがってきます。

 普通に考えれば、法的整理をして、半導体事業など稼げる可能性のあるビジネスを残し、再生を図るのが自然です。

 しかし、何らかの理由により、それとは別の方向に動いていた東芝も、さすがに限界が近づいているのかもしれません。

 何らかの理由とは、この常識的な方法と違うことをやることによって得をする誰かがいる、ということなのでしょうが、情報筒抜けの今の世の中、いつまでも誤魔化しは通用しません。

 そもそも東芝にかかるリーク記事も最近だけでもどれだけあったのか…

 都合のよい情報だけうまく利用し、悪いことを隠そうとしているのあれば、長続きはしないでしょう。

Photo credit: MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito) via VisualHunt.com / CC BY(執筆者:大原達朗)

【関連記事】

▼ビジネスセミナー カテゴリー

ビジネスセミナーをご紹介します。ワンランク上の仕事をこなすためにビジネススキルを磨きませんか?20以上のカテゴリーからあなたにピッタリのビジネスセミナーを選ぶことができます。

おすすめのビジネス セミナー

9月19日 (火)
17:00〜19:00

JDネットパートナー様限定 会社に眠った名刺は埋蔵金 簡単メール配信ツールで売上倍増計画 東京 営業
9月20日 (水)
19:00〜20:30

グロービス経営大学院 名古屋校 MBA/単科生 体験クラス&説明会 ~国内最大MBAのクラスを 1時間で体験する~ 愛知 経営
9月20日 (水)
19:00〜20:30

グロービス仙台校:無料体験クラス  概要説明&体験クラス 宮城 スキルアップ
9月21日 (木)
10:00〜16:00

9/21 対立しないで全員が意見を言える 5分会議 5人以下 ~ 会議・話合い・ミーティング ~(ランチつき) 東京 コミュニケーション
9月21日 (木)
19:00〜21:00

※残り2名様 お仕事に特化した コミュニケーション能力を向上させたい方へ<コミュトレ無料体験会>JPタワー名古屋開催

参加特典付きセミナー

愛知 コミュニケーション
9月21日 (木)
19:00〜20:30

(追加)FP直伝セミナー なるほどマル得 貯蓄術(09/21 東京:大手町) 東京 スキルアップ
9月21日 (木)
17:00〜18:00

個別相談会(無料) 御社が受け取れる助成金を個別診断致します。 東京 人事育成
9月21日 (木)
19:00〜20:30

BtoC向け SNSのクリエイティブ作成方法&事例紹介 東京 マーケティング
9月21日 (木)
18:30〜21:00

第83回起業前に知らなければいけない会社運営知識総まとめセミナー 東京 独立・起業
9月22日 (金)
20:00〜22:00

※残り2名様 お仕事に特化した コミュニケーション能力を向上させたい方へ<コミュトレ無料体験会>JPタワー名古屋開催

参加特典付きセミナー

愛知 コミュニケーション
9月22日 (金)
10:30〜13:00

経営者・新規事業担当必見 公的資金を活用して負担無く本業と親和性の高い高収益な新規事業・業務拡大を行なう無料勉強会 東京 独立・起業
9月22日 (金)
17:00〜19:00

年間生放送出演回数・300回以上の元リポーターが登壇 伝えるスキル UPセミナー 東京 スキルアップ
9月22日 (金)
13:00〜19:00

東京開催 日本人である というだけで稼げてしまうまったく新しいインターネット物販ビジネス1日集中講座

参加特典付きセミナー

東京 副業
9月23日 (土)
20:00〜22:00

※残り2名様 お仕事に特化した コミュニケーション能力を向上させたい方へ<コミュトレ無料体験会>JPタワー名古屋開催

参加特典付きセミナー

愛知 コミュニケーション
9月23日 (土)
8:30〜11:00

起業の流れと会計がゲームで日本一楽しく出来るようになる ! 経営者主催の起業体験ゲーム会◇

参加特典付きセミナー

東京 独立・起業
9月23日 (土)
18:30〜20:30

☆女性限定☆追加開催 9/23(土祝)名古屋 将来の自分のため 学びに来ませんか? 稼ぐ力 を学ぶ山口マキ起業トークセミナー☆初心者大歓迎☆ 無料 愛知 独立・起業
9月23日 (土)
14:00〜15:30

9/23(土)渋谷開催 “あなた”に合わせた起業・独立計画セミナー 東京 独立・起業
9月23日 (土)
14:00〜15:30

デジタル時代の営業術 営業×マーケティング で 欲しい状態であなたに会いにくる 魔法の設計図の作り方 東京 独立・起業
9月23日 (土)
13:30〜15:00

<無料体験会>あの経営者も使っていた❗️2分間で信頼を得る リンカーン流人心掌握術セミナー 開催します❗ 東京 独立・起業

▼ビジネスセミナー カテゴリー