2017-01-28 00:29:00

社員と組織を成長させる秘訣

★大人も子供もおんなじ★

けなされて育つと、子どもは、
人をけなすようになる。

とげとげした家庭で育つと、
子どもは、乱暴になる。

不安な気持ちで育てると、
子どもも不安になる。

「かわいそうな子だ」と言って
育てると、子どもは、みじめな
気持ちになる。

子どもを馬鹿にすると、
引っ込みじあんな子になる。

親が他人をうらやんでばかり
いると、子どもも人をうらむ
ようになる。

叱りつけてばかりいると、
子どもは「自分は悪い子なんだ」
と思ってしまう。

励ましてあげれば、子どもは、
自信をもつようになる。

広い心で接すれば、キレる子には
ならない。

誉めてあげれば、子どもは
明るい子に育つ。

愛してあげれば、子どもは人を
愛することを学ぶ。

認めてあげれば、子どもは
自分が好きになる。

見つめてあげれば、子どもは
頑張り屋になる。

分かち合うことを教えれば、
子どもは思いやりを学ぶ。

親が正直であれば、子どもは、
正直であることの大切さを知る。

子どもに公平であれば、子どもは、
正義感のなる子に育つ。

やさしく思いやりを持って育てれば、
子どもは、やさしい子に育つ。

守ってあげれば、子どもは、
強い子に育つ。

和気あいあいとした家庭で
育てば、子どもは、この世の中は
いいところだと思えるようになる。

( ドロシー・ロー・ノルト )

 では、
 「子供」⇒「部下」
 「家庭」⇒「職場」
  「親」⇒「上司」
 に置き換えてみてください。

仕事は技術も確かに必要ですが、社員を結果を出し続けながらも豊かな心を持つメンバーに育てることは、
会社や組織を成長させる大切な要素です。

心が育つと、人を信頼する。
心が育つと、誰かに貢献したいと思う。
心が育つと、自分にできることは何か考えるようになる。
心が育つと、自分の会社は素晴らしいと思える。

逆だと、どうでしょう?

では、それを実際にやるとなると、どうしたらいいのか?

「社員が辞めない会社づくり」~人材の多様性に対応するリーダーシップとメンタルヘルスセミナー
では、それが実現できているイメージが湧き、即行動したい気持ちに駆られます。

2月7日(火) 13:30~16:40
詳細はセミナーページか、HPでご確認ください。

みなさんのご参加をお待ちしています♪