【日本で唯一】不動産会社の『失敗しない選び方』と 『8大選定基準』を学べるセミナー(42歳以下限定)

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

このセミナーの受付は終了しました

セミナー開催日程

2017年10月21日(土)12:00〜

場所:
いちご渋谷宇田川町ビル 7F
参加費用:
無料

セミナー詳細はこちら

【よくある不動産投資の失敗事例】
・不動産を購入してから数年後、入居者が変わるタイミングで家賃が下がってしまった
・保有している物件を売却しようとしたが、ローン残債に対して大幅な赤字になる市場価格だった
・空室がつづき、毎月のローン支払いがかなり負担になっている

等々、不動産投資は投資である以上リスクがあります。

しかし、それと同時に不動産投資で発生するリスクの大部分は、
過去の失敗事例を生かすことで限りなくゼロに近づけることが可能なのです。

不動産投資の勝ち負けを決めるのは、『物件選び』ではありません。

『業者選び』が、何より重要なのです!

このセミナーで学べること

不動産投資は『業者選び』が9割
〜不動産会社は相談しに行く場所ではありません!
交渉しに行く場所です!〜


次のような不動産投資の失敗事例を聞いた事がありませんか?

・不動産を購入してから数年後、入居者が変わるタイミングで家賃が下がってしまった
・保有している物件を売却しようとしたが、ローン残債に対して大幅な赤字になる市場価格だった
・空室がつづき、毎月のローン支払いがかなり負担になっている
・不動産投資をする前に住宅ローンを組んでおり、融資が通らず投資自体ができなかった
・銀行融資の金利の相場を知らず、金利が高いことに後から気づいた


このように、不動産投資は投資である以上リスクがあります。

しかし、それと同時に不動産投資で発生するリスクの大部分は、
過去の失敗事例を生かすことで限りなくゼロに近づけることが可能なのです。

不動産投資の勝ち負けを決めるのは、『物件選び』ではありません。

『業者選び』が、何より重要なのです。



【なぜ、業者選びが重要なのか】

結論からお伝えすると、不動産投資失敗の最大の原因は、

『不動産業者の選定ミス』です。


にわかには信じられないかもしれませんが、世の中には
「オーナーに協力的な不動産会社」と「そうでない会社」があります。

さらに残酷なことに、全国に10万社以上ある不動産会社のうち、
「オーナー側に協力的な業者」は1割もありません。

ですので、オーナーにとって「良い不動産会社」を探すのは、
まさに藁の山の中から1本の針を探すような過酷な作業なのです。


もし業者選びに失敗して「ダメな不動産会社」に当たってしまった場合、
その不動産投資は「ほぼ100%失敗する」と言っても過言ではありません。

なぜなら、ダメな不動産会社はオーナーとの「WINーWIN」よりも、
露骨に「WINーLOSE」を取りに来るからです。

残念ながら、顧客を負けさせることで利益を得るような
企業第一主義の不動産会社がほとんどを占めているのです。


では、どうすれば業者の見極めができるのか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

例えば、最も重要なチェックポイントとしては、

”物件価格が不当にカサ増しされていないか?”

これだけは絶対に確認するようにして下さい。

なぜか?

価格が不当にカサ増しされていた場合、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
物件購入と同時に「赤字」が確定してしまうからです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

仮に入居者が入らなかった場合、オーナーは毎月大幅な赤字を垂れ流す事になり、
自力で客付をしようとすれば、少なくとも家賃2〜3ヶ月分の経費がかかります。

「旨味がないから、売り抜けてキャピタルゲインを得よう」

と、思っても、価格が不当にカサ増しされていた場合、
そもそも高く買ってしまっているので、売りたくても
ローン残債に対して大幅な赤字になるので売れません。

不動産会社の業者選びにはこういった
チェックポイントが少なくともあと「7つ」あります。

それが、以下の「不動産業者の8大選定基準」です。


【不動産業者の8大選定基準】

オーナーに協力的な不動産会社を見つけるには、

1:市場価格より大きくかさまししていないか
2:どうして家賃が下がるのか(新築プレミアム)
3:空室リスクのフォローなし(管理しない会社は要注意)
4:危ないサブリースではないか
5:購入する順番の無視をしてこないか
6:売りにくい物件ではないか(出口戦略が考えられているか)
7:財務状況をよく確認しよう
8:取扱金融機関が少なくないか

少なくとも、この8つのポイントを押さえた上で
業者選定をする必要があります。

より詳しいポイントについてはセミナーでお伝えしています。


【売り込みゼロ!『不動産投資の全領域』をバランスよく体系的に学べます!】

一般的に、不動産投資関連のセミナーといえば、
「不動産会社が開催しているもの」がほとんどです。

不動産会社いうのは、基本的に専門分野に特化しています。

・個人や法人向けの賃貸業
・アパート経営
・区分マンション投資
・1棟マンション投資など

それぞれの分野には詳しいですが、他の分野には疎いという現実があります。

「アパート経営」が専門の企業は、一棟ものを否定し、
「区分マンション投資」が専門の企業は、アパート経営や
一棟ものを否定することで、最後には自社の商品を紹介するのです。

しかし、当セミナーは違います。


「不動産投資に関する全領域を扱い、あくまで
 第三者的な目線で、正しい知識と行動基準をお伝えする」

という理念のもと、学習を目的にセミナーを開催しています。


ただ、例によって、弊社は「区分マンション投資」の仲介が事業のメインである為、
それ以外の領域に関してはどうしても取り扱うのが難しい現状があります。

そこで当セミナーでは『外部講師の不動産投資コンサルタント』を招き、
不動産投資の全領域に渡り教養を身につけられる講義をしてもらっています。

そのため、セミナー中に不動産物件の売り込みは一切ございません。

ぜひ、過去の失敗事例を教訓にしていただき、
失敗しない不動産投資の方法を学んでください。


⬛︎セミナー開催日⬛︎
10月21日(土) 

⬛︎セミナー開催時間⬛︎
12:00~15:00

⬛︎所要時間⬛︎
3時間

⬛︎セミナーの特徴⬛︎
・『不動産会社の選び方』というほかにないジャンルのセミナーです。
・セミナー中に不動産物件の売り込みは一切ありません。
・偏った分野ではなく、アパート経営、区分マンション投資、
 1棟マンション投資など、不動産投資に関する全領域を
 網羅したカリキュラムになっています。


⬛︎内容⬛︎
<第1部>なぜ不動産投資なのか
・資産運用の基本的な考え方
・今日の不動産投資の捉え方
・円なのか不動産なのか有価証券なのか
(円は相場が下がり続ける株と同じ)
・資産をとるかCFをとるか
・将来的に売却しても、年金代わりにしてもどちらも美味しい
・ただアパートには要注意(建物の価値なし)

<第2部>不動産会社の失敗しない選び方

・どのような不動産会社からは購入をやめた方が良いか?
・実際にあったトラブルの紹介
・市場価格より大きくかさまし
・どうして家賃が下がるのか(新築プレミアム)
・空室リスクのフォローなし(管理しない会社は要注意)
・危ないサブリース
・購入する順番の無視をしてくる(普通はまずは区分から)
・売りにくい物件(出口戦略)
・財務状況をよく確認しよう
・取扱金融機関が少ない
・もっと成功率を上げるためには?


⬛︎こんな方に向いているセミナーです!⬛︎
・不動産投資に興味はあるが、大きな失敗をしたくない方
・不動産投資関連のセミナーに参加したことはあるが、
 具体的なアクションプランを作る事ができていない方
・資産運用の選択肢の一つとして、不動産投資が選ばれている理由を知りたい方
・消費税増税や年金制度の崩壊など、将来について漠然とした経済的不安を抱えている方
・周囲に相談相手がおらず、不動産投資に対する第3者的な意見が欲しい方


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

このセミナーの受付は終了しました

セミナー詳細

主催者情報 BLAZE株式会社
講師名 大石武
参加費用 無料
定員 20 名
カテゴリー 不動産投資セミナー
タグ 不動産投資 / 投資
参加対象 投資、資産運用、資産形成、不動産投資を限りなく低リスクで行いたい方
参加条件 不動産投資に興味がある方、将来の備えを準備したい方、老後など経済的な不安を解消させたい方
申込期限 2017年10月21日
日時
    開場時間 11:45
    会場 いちご渋谷宇田川町ビル 7F
    会場住所 東京都渋谷区宇田川町 10-2 7F
    備考
    キャンセルポリシー

    このセミナーの受付は終了しました

    近日開催予定のセミナー