『FSMA(米国食品安全強化法)』 への効率的な取組み方【仙台】

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

セミナー予約

セミナー開催日程

2019年9月10日(火)13:30〜

場所:
フォレスト仙台
参加費用:
無料

セミナー詳細はこちら

面倒な対応も、これで解決!

このセミナーで学べること

FSMA(米国食品安全強化法)の103条「PCHF(ヒト向け食品に対する予防コントロール)」が去る2018年9月17日に最終適用期限を迎えましたが、従前の食品安全と概念が異なる106条「フードディフェンス(意図的な食品不良の防止)」は2019年7月26日に適用期限を控えています。食品における消費者保護は、食品安全だけでなく食品防御、食品偽装を加えた3つの観点による対応が必要となります。また、輸入業者と食品メーカーの連携が問われる301条「FSVP(外国供給業者検証プログラム)」は2019年3月18日に最終適用期限を迎えるため、食品メーカー、輸入業者とも法令対応に待ったなしの状況となります。

本セミナーでは、これらFSMAの各条項に関する概要と、今後必要となる3つの観点(食品安全、食品防御、食品偽装)への取組みについてのGFSI*承認スキームやFSMAの諮問監査を用いた効率的な方法を解説、紹介いたします。

*GFSI:世界の消費財流通業界メーカー・小売企業など400社以上が組織するTCGF(The Consumer Goods Forum)によって運営される非営利団体。

セミナー詳細

主催者情報 ペリージョンソン ホールディング 株式会社
講師名 白岩 康明
参加費用 無料
定員 30 名
カテゴリー 法対応セミナー/コンサルタントセミナー
タグ FSVP / FSMA / フードディフェンス
参加対象 米国に食品を輸出している、または検討している企業様
申込期限 2019年9月3日
日時 2019年9月10日(火)13:30〜15:00
開場時間 13:15
会場 ​フォレスト仙台
会場住所 宮城県仙台市青葉区柏木1丁目2−45
キャンセルポリシー -

近日開催予定のセミナー