締切間近!【無料ウェビナー】コンテンツマーケを無駄にしない!MAツールを使った顧客管理戦略

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

ウェビナー

セミナーの受付は終了しました

タグ:
マーケティングオートメーション,ハブスポット,hubspot,MAツール,インバウンドマーケティング,WEB広告

セミナー開催日程

2020年9月24日(木)10:30〜

場所:
zoomを使ったオンラインセミナーとなります。お好きな場所からご参加頂けます。お申込み後、参加URLをお送りします。そちらをご確認いただきご参加ください。
費用:
無料

セミナー詳細はこちら

MAツールを使った顧客情報管理×マーケティング自動化の相乗効果と戦略をご紹介!

このセミナーで学べること

2019年の年末から徐々に拡大し、世界経済を襲ったコロナウィルス。このような状況下でも倒産や大幅な下方修正を避けられた企業が存在しています。

それらの企業が行った対策の一つが「Webマーケティングの導入」です。店舗集客や訪問営業・テレアポが万全に実施できない状況で、Webマーケティングに迅速に取り組んだ企業の多くは業績を維持、むしろ改善に成功しています。柔軟でスピーディーに対応し、シェアを拡大している中小企業も少なくありません。

そこで当シリーズウェビナーでは、コロナ禍で有効なWebマーケティングをテーマに、今取り組むべきWebマーケティング手法を全3章に分けて紹介します。
第1,2章にて、契約確度の高い見込客を獲得する環境と手段を紹介しました。では、その後はどのようにして売上に繋げるのでしょうか?その疑問に焦点をあてた第3章として、当ウェビナーの概要を紹介します。

コロナ禍の長期化により、企業の売上は従来よりも下がったままになっている場合がほとんどです。さらに少子化による人材不足の追い打ちにあい、企業は「いかに少ない予算内で、いかに戦略的&効率的に売り上げを増やせるか」が課題となっています。

弊社でも同じ課題に直面し、第1章で解説した「セミナーからウェビナーへの転換」、つづけて第2章で解説した「コンテンツマーケティングでの見込客の獲得・育成」を駆使し、かろうじて見込客の減少を避けることができました。しかし、見込客の獲得をゴールにしていても売上は維持できません。重要なのは、見込客を顧客に繋げるための「受注率」を改善することでした。

従来の受注率を維持していても、ライバル企業は最新のWebマーケティング技術を導入することで、受注率を日々改善しています。追い抜かれるのは時間の問題と言えます。実際にコロナ禍以降は、Webマーケティング技術の導入には消極的だった業界の方々から、ご相談をいただく機会が増加しています。

このような状況から、受注率を高めることができた弊社の経験がお役に立てる可能性を感じ、そのノウハウをシリーズウェビナーの最終章として紹介することとなりました。

第3章である当ウェビナーでは、まず弊社の導入成果を紹介します。例えば下記グラフが、新しい戦略と運用体制を導入した成果です。

受注率に課題を抱えていたものの、弊社の成功事例が刺さり、「同じ環境を整えたい!」という相談を数多くいただいています。2019年6月から問合せ窓口を開設して以降、その件数は現時点で223件でした。どのような企業が課題を感じ、実際に解消に向けて動き出しているかをウェビナー内では紹介します。似た業界や規模の企業が、すでに先手をとっている状況に気付くことができるかもしれません。

業種や企業規模は多岐に渡るのですが、利益を求め続けなければならない同じ「企業」です。共通する課題として主に「部署や個人間の情報共有が弱い」「効率的な方法を知らない」の2点が挙げられます。このような課題を他にいくつか紹介します。同じ課題を抱いている場合は、ぜひご相談ください。

相談される際に、必ず気にされるのが「導入費用」です。弊社が導入したツールは理にかなった価格でしたが、求める環境次第では高額なツールを採用する必要があります。いずれにせよ、導入するには稟議をあげる必要があり、導入コストをなるべく下げることで承認がおりる可能性は高まります。一番悔しいのは、コスト面の理由で理想的な環境を断念しなければならないことです。そのような状況を避けるため、導入費用の創出方法を何点か紹介します。

ウェビナー内では、弊社がツールを厳選する際に作成した「競合サービス比較表」データも公開します。類似サービスが多く、それぞれの機能や導入費用の把握が困難だというお客様にご案内している内容でもあります。最適なツールを選出する参考として、ぜひご活用ください。

「顧客情報管理ツール(CRM)」と「マーケティング自動化ツール(MA)」の組み合わせが、戦略的&効率的に受注率アップに繋がると把握できたものの、気になるのが実際のツール管理画面です。実際にツールは高額なものが多く、導入してもサポートが弱くフル活用できないままになってしまうことが多々あります。

当ウェビナーではツールメーカーの協力のもと、無料デモアカウントをプレゼントします。それだけではなく、課題や状況にあった初期設定までもサポートしますので、安心していただけます。特に喜んでいただいている機能が、問合せがどのようなページ閲覧を経て行われたかなどの情報が、個人単位でGoogleAnalyticsよりも判りやすく表示される機能です。販促戦略の改善に、ぜひご活用ください。

■このセミナーで得られる知識・スキル
受注率を戦略的&効率的に改善する戦略・運用体制の事例
顧客情報管理ツール(CRM)、マーケティング自動化ツール(MA)導入費用の創出方法

■こんな方にオススメのセミナーです
すぐに受注率を改善する必要がある方
CRM、MAツールを導入検討している、導入した方
CRM、MAツールを導入したが成果が出なかった方、費用対効果が落ちてきた方
CRM、MAツールについて代理店に任せきりだが理解しておきたいWeb担当者
CRM、MAツールの費用対効果改善を、クライアントに提案したい代理店担当者

■このセミナーの特徴
初心者用に、CRM、MAツールの概要から導入事例までを丁寧に解説
CRM、MAツールを現場で運用・提案している担当者が登壇
CRM、MAツールを実際に運用しなければ判らないノウハウや失敗談を紹介

■セミナー内容・カリキュラム
弊社での導入成果・戦略・運用体制
導入後に見えた各機能の重要性
導入ツールの紹介、費用創出方法
導入を希望した企業の共通課題
まとめ

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
ウェビナー

セミナーの受付は終了しました

セミナー詳細

主催者情報 株式会社アイビス
講師名 吉岡大介
参加費 無料
定員 100 名
カテゴリー ビジネスセミナー/マーケティングセミナー
タグ マーケティングオートメーション / ハブスポット / hubspot / MAツール / インバウンドマーケティング / マーケティング / マーケティング / WEB広告
参加対象 顧客管理に興味がある方
日時 2020年9月24日(木)10:30〜12:00
会場 ​zoomを使ったオンラインセミナーとなります。お好きな場所からご参加頂けます。お申込み後、参加URLをお送りします。そちらをご確認いただきご参加ください。
大阪府ウェビナー

セミナーの受付は終了しました

マーケティングセミナーを人気主催者で探す

おすすめセミナー