• Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

【新春PresidentForum2022】「新しい資本主義」に対応する中小企業の『成長』と『分配』の法則

  • 東京 開催
  • 中小企業だから低賃金なんてウソです!

こんな方にオススメのセミナーです!
経営者
役員
後継者
このセミナーで得られる効果!
生産性向上
業績改善
社員教育
人材育成
組織強化

 

このセミナーで学べること

中小企業だから低賃金なんてウソ!



厚生労働省『令和2年度賃金構造基本統計調査』によると、
従業員規模1,000人以上の大企業に勤務する大卒男性の
平均年収は725万6,100円。(平均42.3歳、平均勤続14.9年)

従業員規模10~99人の中小企業に勤務する大卒男性の
平均年収は514万9,400円。(平均44.3歳、平均勤続10.8年)

この結果だけを見ると、大企業と中小企業の給与格差は大きく、
中小企業=低賃金と感じてしまうかもしれません。

しかし、すべての中小企業がそうかといえば異なります。

例えば、東洋経済が2017年に発表した
『「中小企業でも平均年収が高い」トップ200社』で
1位となったある中小企業の平均年収は2,153万円と、
大企業の平均年収を大きく上回ります。

実は、大企業よりも好待遇の中小企業は数多くあるのです。


なぜ、一部の中小企業は、
大企業よりも高い賃金を支払えるのか?



大企業と中小企業で格差が生じる原因は、
“労働生産性”にあります。


中小企業白書によると、
大企業と中小企業では従業員一人当たり付加価値額(労働生産性)に
2.5倍近くの差が生じていることがわかっています。 

労働生産性が低いわけですから、従業員の給与をあげることはできません。


一方、大企業よりも好待遇の中小企業(上位12%)は、
大企業よりも労働生産性が高いことがわかっています。

(高生産)このように生産性の高い中小企業は
(高収益)利益を積み上げ、
(高賃金)社員の満足する給与を支給しています。

そのため、社員の定着はもちろんのこと、優秀な人財を新たに採用したり、
設備・新規事業へ投資することもできるなど、経営の善循環を築いています。


賃上げできない会社の断末魔



岸田首相が提唱する「新しい資本主義」は、
企業に賃金の引き上げを求めるものですが、
企業の格差問題、さらには労働者の給与格差問題を
広げる政策になりかねない現実があります。

賃上げできる企業には優秀な人財が集まり、
ますます成長していきます。

一方で、賃上げできない中小企業は社員に離職され、
新たな人材を採用することもできず、労務倒産に陥ります。

つまり、賃上げできる経営状況を作り出さなければ、
企業は存続できない時代が到来するのです。

そうは言っても、

「生産性向上に具体的なイメージを持てない……。」

「競合との価格競争に巻き込まれ、
 仕事が忙しい割には利益が残らない……。」
 
「人件費が重く、これ以上は……無理!」

このように、頭を抱えていませんか?


そのような方に今回お贈りするのが、
 “「新しい資本主義」に対応する中小企業の『成長』と『分配』の法則”セミナーです。

本セミナーでは、上位12%の中小企業が実践する
「“高生産”“高収益”“高賃金”のための3つのメソッド」をお伝えします。

セミナーの受付は終了しました

開催情報

主催者情報 NBCコンサルタンツ株式会社
講師名 NBCコンサルタンツ株式会社
参加費 無料
定員 490 名
カテゴリー ビジネスセミナー/経営セミナー/人材育成セミナー/政治・経済セミナー
タグ 経営 / 中小企業 / 成長と分配 / 生産性 / 新しい資本主義
参加対象 経営者・役員・後継者(候補)限定
参加条件 法人格を有する企業の経営者・役員・後継者の方のみご参加いただけるセミナーです。弊社ではコンサルタント会社・会計事務所などの同業他社様の参加はご遠慮いただいております。 受講対象外のお客様へ主催社からのご案内は行っておりません。ご了承ください。
日時 2022年2月24日(木)14:00〜16:00
会場 ​オンライン開催のためインターネットに接続したPCさえあれば、どこからでも受講可能です
東京都ウェビナー
キャンセルポリシー 一度お客様よりお振込み頂きました代金については、原則、返金は
行っておりません。

セミナーの受付は終了しました

セミナー参加をご検討中の方へメッセージ

セミナー途中での入退席はご遠慮ください