初対面の人はもちろん、職場の先輩や同僚とも何を話していいか分からず話が続かない、人と会ったり話したりするのがとにかく憂鬱だという方は、人見知りを改善・克服するためのセミナーに参加してみませんか?

イチオシ!人見知り克服セミナー

人見知り克服セミナー

初対面の人とでも簡単にすぐ打ち解けられる人もいれば、そうでない人もいます。職場でいつも楽しそうに雑談している人もいれば、雑談が苦手な人もいます。飲み会など大勢の人が集まる場所で、はしゃぐのが好きな人もいれば、他者の目が気になってそういう場所を避ける人もいます。

後者の性格の場合、本人が「それが私だから」と自分らしくのびのびと生きられていたら問題はないのでしょうが、もしも「変わりたい」とか「こんな自分が嫌だ」と生きづらさを感じているようでしたら、人見知りを改善するトレーニングがあることをお伝えしておきます。

「人見知り」とは本来、赤ちゃんや子供が初めて会った人に対して、恥ずかしがったり、泣いて嫌がったりする状態のことを言います。最近では大人にも性格の特徴のひとつとして「人見知り」が使われていますが、大人の場合は、”内気” ”照れ屋” ”恥ずかしがり屋”と言うのが適当です。社会心理学では人間が持つ個性のひとつとして捉えていて、”シャイネス(Shyness)”と言います。

人見知りのレベルは人によってさまざまで、軽い人から深刻な人までいます。
・初対面が苦手なだけで、友人であれば社交的になれる
・自分から話しかけるのは苦手だが、話しかけられればコミュニケーションがとれる
・人前で自分の意見が言えず、相槌や愛想笑いばかりしている
・周りの視線や言葉が常に気になり、どう思われているか不安で自分らしく振る舞えない
・人と会うことに苦痛や恐怖を感じる

人見知りではない人に比べると、おとなしそうに見えたり、真面目そうに見えたり、暗いというネガティブな印象を受ける傾向があります。

・「期待に応えられないかもしれない」というある意味 自意識過剰な思い込み
・「嫌われるのが怖い」という自信のなさ
・「他人に失敗を見られたくない」というプライドの高さ

などが連鎖して消極的な行動へと繋がり、結果的に「人見知り」な性格となります。
しかし、いつまでも「人見知り」を理由に対人関係が苦手だと言い続けるわけにもいきません。

・人と何を話していいかわからない、かといって沈黙が怖い
・会話に苦手意識が強く、他人との接触を避けてしまう
・初対面の相手への接し方がわからない

というお悩みであれば、心理的アプローチや会話スキルをつける実践的なトレーニングをすることで改善・克服することができます。ぜひセミナーに参加してみてください。

気になる人見知り克服セミナーは見つかりませんでしたか?
こちらのキーワードでお探ししてみてはいかがでしょうか?