集客セミナーとは?


集客とは、宣伝広告やSNSの口コミなどを活用して、店舗やECサイトにターゲットとなるお客様を集めて売上や利益を上げることを意味しています。どこの業界でも、集客の問題の壁にはぶつかります。集客することができずに、倒産や廃業してしまう企業も少なくありません。
しかし、ターゲットとなる顧客に対して的確なアプローチができれば、集客数を上げて企業の売上に結びつけることはできるのです。そのためには、マーケティングに関する知識と集客方法に関する知識が必要不可欠となります。
集客セミナーでは、ターゲットとなるお客様を集める集客施策やプランニング方法を学ぶことができます。集客方法はトレンドもあるため、集客に悩んでいる経営者の方や企業のマーケティングや広報担当者などが多く受講しています。

集客セミナー

集客セミナーで学べる事


集客セミナーに参加をすれば、次のような知識を身に付けることができます。

マーケティング基礎知識


集客するためには、マーケティングに関する理解を深めることが大切です。マーケティングとは、マーケットを細分化した上で分析することで、ターゲットを明確化し効率的に販売するために行います。
PRODUCT(製品)、PRICE(価格)、PLACE(流通)、PROMOTION(プロモーション)の4P分析を行うことで、ライバルの多い市場で取るべき手段が明確にしていくことができるのです。
集客セミナーでは、このようなマーケティングに関する基礎知識や広告運用方法を学ぶことができます。

集客方法に関する基礎知識


インターネットの時代になり、Web集客は欠かせない存在となりました。しかし、集客方法は、Web集客だけではありません。折込チラシやポスティング、展示会、紹介などさまざまな集客方法があります。
さまざまな集客方法を理解しておけば、ターゲットに対して、どのようにアプローチしていけば良いか的確な判断が下せるようになります。このように、的確な集客施策を行えば、多くの反響が得られるはずです。集客セミナーでは、集客方法に関する基礎知識も学ぶことができます。

効果測定の方法


集客は施策を打てば良いという単純なものではありません。施策でどれほどの反響が見込めたのかを具体的な数値で効果測定して効果測定することが大切です。効果測定することで、次回からどのような集客施策を打てば良いのかが明確になります。
集客セミナーでは、マーケティングや集客方法に関する知識だけではなく、PDCAサイクルの回し方など効果測定の方法も学ぶことができます。

気になる集客セミナーは見つかりませんでしたか?
こちらのキーワードでお探ししてみてはいかがでしょうか?

集客の選び方


集客セミナーは、さまざまな種類の講座が用意されているため、次の基準を参考にして選んでみてください。

目的に見合う講座を選ぶ


集客セミナーを選ぶ際は、目的に見合う講座を選ぶことが大切です。集客セミナーの1分野でもあるWebマーケティング講座でも、次のようにさまざまな講座が用意されています。そのため、自分が体得したいスキルが学べるかどうかを基準に講座を選びましょう。

・リスティング広告


リスティング広告とは、検索キーワードに応じて検索結果上に表示される広告を指します。Google広告やYahoo!プロモーション広告の審査を通過すれば、すぐに始めることができるため、比較的早く成果に結びつけることが可能です。また、ターゲットを絞ることで、自社のサービスに対して強い関心を持つユーザーに向けて広告を出稿することができます。
集客セミナーでは、リスティング広告の基礎知識と運用方法を学ぶことができます。

・SEO対策


SEOとは「検索エンジン最適化」という意味で、ユーザーに価値あるコンテンツを提供し、適正に検索エンジンにページ内容を理解・評価されるように技術的にWebページを最適化することで、自社サイトが上位に表示されるようにすることを意味します。このようなオーガニック検索からの流入は、特定のキーワードの検索行動から目的の情報を探し、自ら商品やサービスを探しているユーザーが多いため、成果に繋がりやすい傾向にあります。集客セミナーでは、SEO対策に関する知識も学ぶことができるのです。

・SNS運用


ネットワークコミュニケーションが盛んになるほど、InstagramやTwitterなどのSNSを活用する企業が増えています。誰もが参加できて、社会的相互性を通じて広がっていくように設計されたSNSは、双方向のコミュニケーションができることが最大の特徴です。そのため、上手に活用すれば、消費者とコミュニケーションを気軽にはかることができます。集客セミナーでは、どのようにSNSを運用していけば良いのかを学ぶことができます。


・ダイレクトメール


ダイレクトメールは、企業から個人に直接送られるメールのことをいいます。営業や宣伝を目的としたダイレクトマーケティングの施策の1つとなり、新規顧客の獲得や既存顧客やリピーターへのアプローチに用いられることが多いです。集客セミナーでは、効果が見込めるダイレクトメールの送信方法を学ぶことができます。

レベルに見合う講座を選ぶ


集客施策にはトレンドがあります。そのため、集客セミナーでも最新の集客施策に関する講座が開催されることも多いです。しかし、集客施策はマーケティングや集客方法の基礎知識を理解していないと、応用を学んでも活かすことはできません。そのため、集客セミナーを受講する場合は、自分のレベルに見合う講座を選ぶようにしましょう。

講師の経歴や実績で選ぶ


集客セミナーの開催情報には講師の紹介文が掲載されているため、必ず目を通してみてください。紹介文には経歴や実績が掲載されています。集客は発想力やプランニング力が問われます。そのため、過去にどれぐらいの集客効果を出したのか、具体的な実績が紹介されている講師を選んでみるようにしましょう。
また、集客方法は業界によっても大きく異なります。そのため、同業界の集客対策の経験を持っている講師かどうかも判断基準にしてみてください。

開催頻度や規模で選ぶ


定期的に開催されているセミナーは、受講者からの高い満足度が得られていると講座と捉えて間違いありません。そのため、過去に同じセミナーが開催されているかどうかも確認してみましょう。また、集客セミナーの規模を確認してみることも大切です。大規模で開催頻度が多いセミナーであれば有益な情報が得られますが、必ずしも大規模なセミナーが良いとは限りません。
例えば、リスティング広告運用やSNS広告運用などの実践的な講座は、少人数の方が分からない部分を質問する機会が得られやすいです。そのため、目的に見合う規模のセミナーを選ぶようにしましょう。

口コミや評判で選ぶ


口コミお評価からセミナーを選ぶのも、選択手段のひとつです。
集客セミナーを受講することで、集客数を伸ばして会社の業績を上げることができたという実績が掲載されていることもあるでしょう。