柳川 昂輝

嬉しかったのは売れたことより伝わったこと

 

アウトプットディレクター 柳川 昂輝

【プロフィール】

・1987年生まれ
・静岡県出身、大阪育ち(現在も大阪在住)
・既婚
・元大手家電量販店の店員
・趣味(映画鑑賞)
・好きな映画:96時間、タイタニック、イップマン、ワイルドスピード、最強のふたり、ショーシャンクの空に、ジャッキーチェンの作品、リーアム・ニーソンの作品
・好きな海外ドラマ:ウォーキングデッド、24(トゥエンティーフォー)、プリズン・ブレイク
・得意なこと:相手の特性を見極めること、魅力や価値観を引き出すこと、コーチング、相談にのること、物事の本質を見極めること、相手の好奇心を発見すること
・嫌いなこと:売り込み、依存させること、常識や世間体、人と群れること


現在は、インプットはしていてもアウトプットが苦手でできていないという起業家を対象に
アウトプットに特化した個人セッションを行い
人や組織に依存せず自分の名前で仕事をしていける状態を自ら体現しながらサポートを行っている。

クライアントは、コーチ、コンサルタント、パーソナルトレーナー、占い師、ファイナンシャルプランナー、
整理収納アドバイザー、Webデザイナー、イラストレーター、イベンター、パーソナルスタイリスト、チャネラー、カウンセラー、など
関わっている業種は多岐にわたる。
現在までで相談に乗ってきた人数は500名を超える。


きっかけは自分のコンプレックスが原体験となる。
自分の力でビジネスをして生きていけるようになりたいと思っていたものの
自分には知識、スキル、資格、経験、実績、人脈、これらすべてがなにもない人間だった。
そんな自分でもなにか始めたくて、飲食店(カフェバー)を開業しようと1年間奮闘するも失敗。
その後も、当時流行っていたインターネットビジネス(アフィリエイト、転売、FX)などにも取り組むが結果は出ず。
やはり何の強みもない自分には無理なのかと、コンプレックスはより強まっていった。


そんな中ででやはり自分を変えたくて、今の自分にでも自らの力でビジネスをして生きていけるようになりたいという想いから
今度は稼ぐ手段ではなく、独学でビジネスを学び始める。
そのタイミングで、知り合いから「学んでいることを自分にも教えてほしい」と頼まれたことがきっかけとなりビジネスを教え始めることとなる。
それからは、自分のためのインプットではなく、人に教えるためにインプットをして、それをすぐ教えている相手にアウトプットするようになり
そこから徐々に教える人数が増え始めたことで、今の事業を開始した。


ビジョンは、たとえ利益になるとしても、お客さんを依存させるような戦略でビジネスをすることを断固拒否し
それとは真逆のお客さんの立場に寄り添い、長期的な視点で、本当の優しさとは何なのかを問いかけながら
お客さん自らが自立し、自分の名前で食べていける状態に成長できるサポートをしていくこと。
そして、自分が得てきた経験や知識を人のために、自分の言葉で伝えられる人が1人でも多く輩出できるように
「アウトプット」の楽しさと大切さを広げていくことが目的。

オンラインで受講