【心斎橋】退屈と窮屈に縛られた人生を終わらせる。解放の心理学 〜ドロップアウトの心理学セッション〜

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

セミナーの受付は終了しました

セミナー開催日程

2019年4月30日(火)18:00〜

場所:
マリンバ カフェ (marimba cafe)
費用:
1000円

セミナー詳細はこちら

はじめまして、藤内(とうない)と申します。
数あるセミナーの中からご覧いただきありがとうございます。

生きてりゃ悩みはなくならない、けど悩んでも大丈夫な自分になることはできる。

常識、ルール、人の目、周囲の評価・批判、、etc
くだらないものに縛られた、退屈と窮屈な人生を終わらせよう。

んでもっと楽しくて、バカみたいに自由に笑える、そんな人生を歩き出そう。
人生を楽しむ為の冒険と始まりの心理学、ドロップアウトの心理学へようこそ♪
心の悩みなんてうんこちゃんですよ^ ^

このセミナーで学べること

ドロップアウトの心理学とは、、

【自分はもっと自由だったんだ!】
ってことを思い出して、
「さっさと気楽に笑える毎日を送りたい人」の為のセッションです。

【本来自分とは】
「誰かに決められたり、傷つけられたりすることのない自分」
のことなんだけど、それを忘れて生きてると、人に左右されて傷ついたり、
自分を偽ったり飾ったり、人の目を気にして生き辛さで窮屈な毎日になってしまいます。

だから、
【自分って最初から素晴らしかったんだ、誰かに決められたり傷つけられていい存在じゃないんだ】
ってことを思い出して、あとは自分の好奇心と感性に従って生きていくだけでいいんです。

【自分は素晴らしい存在だーーー!!!】
として、世界を見ることができると、
今まで悩んでたことが、「えー??どーでもいいわーー笑」
「そんなこと真面目に考えなくてよくない?笑」
って感じで、色んな「生き辛さ」を手放していけます。

すると、

【自分は自由だった!世界は自由だった!】
を体感できます。

■こころの悩みの始まりは、、「人の目」
悩みは「自分は不完全で価値がない」という勘違いです。
それは「自己否定」になって、自己否定をしていると、
「自分はどうせ嫌われる」とか「どうせ自分なんて誰にも必要とされない」
だから「ここにいる為に、何かしないと、何かできないと」と考え
「自分には価値がない」という前提で自分を見ているということです。

■このドロップアウトとは、「自己否定しなくていい自分」になることだと考えます。
それはつまり、退屈と窮屈といった「生き辛さ」からの解放であり、
自己否定で生きていた自分の世界を終わらせて、
素晴らしい自分で見る世界、新しい毎日を生きていく。

素晴らしい自分という前提で生き始めた時、
ほぼ悩みは解決していくんじゃないでしょうか?
だからまずは、「自分は素晴らしかった!」
それを思い出すことからはじめましょう。

もっと気楽に
もっと自由に笑える

もっと自分でよかったと思える

そんな毎日に、ドロップアウトしてみよう。

大切にされていい、
幸せに生きていい、
稼いでいい、
夢を叶えていい、
愛されていい、
優しくされていい、
笑っていい、
楽しんでいい、

何も怖くないですよ。
それをしてもいいという許可は、本来誰かにもらうものではなくて、
自分で決めるだけなので。

きっと楽しい毎日が、待ってますから。
素晴らしい自分と、笑える世界を生きていくきっかけになるセミナーです。

あなたのご参加をお待ちしてます^ ^

☆★【参加者特典】★☆
通常2時間24800円のドロップアウトの心理学個別セッションを、3000円で受けていただける特典付きです。
もちろん強制ではないので興味が湧かなければ受けていただかなくて大丈夫です^ ^

*カフェ開催ですので、参加費とは別途ご自身の飲食代はご負担ください。

【プロフィール】
藤内將博(37)
大阪出身
天パ。髪の毛の数は多分12万本くらい(平均より2万本ほど多いと思われる)

・大阪は八尾という歯ブラシの生産で有名らしい町でおぎゃあと生まれる。

・中2の時ヤンキー集団からいじめを受け、主犯の1番ムカつくやつを「よし、こいつだけは殺そう」と心に決めた時、殴られた瞬間を先生が目撃していじめ終わる 笑

・高校生になったが、勉強が大できなくて、電車通学で遠い学校に通う。そこで毎日目にするスーツ姿のサラリーマンを見ながら、「おれには無理やな」と確信する。(サラリーマンを否定してるわけじゃないよ!)

・海が大大大好きだったことからダイビングインストラクターを目指し、高校卒業後はダイビングの専門学校へ進学し、最初は耳抜きがあまりわからなくてよく鼻から流血。

・20歳の時単身パラオという南国に一人旅立ちダイビング修行をする。日本人客に「日本語じょうずですね^ ^」と満面の笑みで言い放たれたことが今でもトラウマ 笑

・帰国後インストラクターになり、非常勤→正社員→チーフ→店長→いちスタッフ(降格しとる 笑)→勤務店変更→マネージャー→退職という道のりを8年かけて過ごす。

・その間、25歳〜28歳までの3年間、人生の暗黒期を過ごし、自分という人間の存在価値を一切感じられなくなり、生きている意味もない。。と死んでもいいと思う毎日を過ごす。

・28歳の時、脳腫瘍が発覚し、緊急入院緊急手術。何度かまじで死にかけるも運良く生き延びる。
死にたいとさえ思っていた毎日だったのに、死にかけた時に望んだのは「生きたい」だったことに衝撃を覚える。

「死んでもいい」ではなくて「ちゃんと生きたい」だったということに気づく。

・29歳の時、ダイビング業界を去り何を思い立ったのかアロマサロンを開業し初めての独立起業をする。1番好きな香りはフランキンセンスとイランイランとオレンジとレモングラスと伊予柑と、、、あとなんだっけ( ̄▽ ̄)

・アロマサロンを続けるもあまり思うような軌道にのらず、ヒマだったから毎日のようにカフェに行き
自分の気持ちをノートに書き殴っている中で、本を出したいという気持ちが芽生えノリで出版する。
引き続きうまくいかなかったアロマサロンは2年でたたむ。

・「32歳妻子供ありフリーター」という社会的にとても素敵な肩書きを得ながらネットワークビジネスを始める。

・2年ほど続けた最高月収40万円、平均月収32万円という謎のフリーターに終止符を打ち、ネットワークも徐々にフェードアウトしながら、起業コンサルを受けるために100万円支払い、再度自分で独立起業するために学び始める。

・物販(メルカリ転売、せどり、中国輸入)・現実的な資産1億円の作り方・マインドセット・内観・潜在意識・深層心理・タッピング・筋反射テスト・エネルギーワーク・タロット占い・除霊・マインドブロック外し&書き換え・・などなど、怪しさ満点の項目も含めトータル500万円以上の自己投資と200冊以上の本を読み様々な知識とスキルを身につけ、色々やってきた中で一番楽しかったのが「心のこと」だったことから、自分なりの心理学を作ろうと人生を楽しむ為の心理学「ドロップアウトの心理学」をノリで発足させる。

基本堅苦しいのは苦手なので、笑いも交えてゆる〜く話しましょう^ ^

よろしくお願いします♪

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

セミナーの受付は終了しました

セミナー詳細

主催者情報 Office POT
講師名 藤内將博
参加費用 1,000 円 (税込)
定員 3 名
カテゴリー ビジネスセミナー/勉強会・交流会セミナー
タグ 悩み / 心理学 / 大阪
参加対象 どなたでも
参加条件 どなたでも
申込期限 2019年4月29日
日時 2019年4月30日(火)18:00〜19:30
開場時間 18:00
会場 ​マリンバ カフェ (marimba cafe)
会場住所 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-18-18
備考 *場所がわからない、時間に遅れる。といった場合はご連絡ください。

【キャンセルについて】
キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いします。
無断キャンセルをされた場合は、今後当方が開催するすべてのセミナー・イベントへの参加をお断りいたします。
キャンセルポリシー 備考に記入。

セミナーの受付は終了しました

Office POTの関連セミナー

交流会セミナーを人気主催者で探す